難病を克服した人たちの共通点 

今日は、横浜で難病感謝祭に参加してきました。

難病だった3人の女性が、自分の克服ポイントを話す貴重なイベントです。

経験は宝物というけれど、

その病気と闘ってきた経験を、たのしくシェアしてくれるなんて!

どっぷり病気につかっていて、身動きできない私をどうにかして!という方には救いの場になるだろうな と思いました。

それぞれ、3人の話で記憶に残ったのは、

病気で入院中に、

過去を振り返って じっくり自己分析している事。

何が悪かったのか?どうしてこうなった.

なぜ、私がこんな目にあうの?

動けず、たっぷりとある緩やかな時間の中でみえてくるものは、

こういうふうにみせたい!みてもらいたい自分に執着して、

周りからの期待に無理やり こたえている自分。

それは、人の評価が気になるからで、自分が心から求めているものと違うのに、そこに蓋をして動いてしまっていること。 

よい人と思われたい、執着でした。

自分の想いと人の想いに開きがあって、それに合わせようとしすぎると、体の症状にちょこちょこと、あらわれてくるみたいです。

そのサインをほっておくと、やっかいな状態になっていて入院に。

よい人と思われたいのは、人のさがだけれども ほどほどにー♪

疲れを感じない ほどよい加減でお付き合いしたいもの♡

それぞれ人によって違う 自分の限度の境界線を感じて、

少しすねた自分も、時には許して守る。 

何が何でも、その人に認めてもらうべきは、危険かもしれないと思いました。

(特に、母親に認めてもらいたい人が多い気がします)

そうして、相手との距離を 居心地よく保ち、無理しないのも おおきくあり!

と思いましたー♪

そんなの、弱いからでしょ?って思いますか?そういう処世術が必要な人は、沢山いると思いました よ^^

生い立ちで 山のように 心に傷がある人。通称トラウマ。

思うように、愛情を貰えず大きくなった人の気持ちを考えると、

それでよく今までいきてきましたね。と思います。

はた目には病気などで 一見弱そうにみえても、トラウマを抱えながら、

または、克服して 目の前に居る。

生きてるだけで丸儲けって、だれかいってましたね。ほんと、そう思います。

何が強いか弱いか?

環境をよーく聞かないと、何も言えないとも思うし。

許したり 感謝できる瞬間に、健康はやってくる!らしいし、わたしもそう思います。

心と体のデトックス 両輪でジワジワと変化していくと楽しく笑える未来が やっぱり待っているんだなーと♪

体験談、ありがとうございました。

ピンチはチャンス!ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です