ピンチは宝物

昨日は子供の成人式の前撮りでした。

当たり前ですが、20年前は小さい小さい

赤子。^^

今は、日々驚きの

なかなか面白い娘に成長しました。

この子を出産した日、

わたしは大量出血で

血圧が30代に落ち、

命をおとすところでした。

病院では、

貧血食のメニュー、点滴、注射をうちながらの

子育てスタートに。

けれども、11年間待ちに待った子供だったので、

毎日毎日お世話が嬉しいし、

面白いし、日々の変化に魅了されていました。

けれど、無理がやはりあったのでしょう。

1年半後に、疲れから事故にあい、

治すための、病院、リハビリ、鍼お灸、整体

様々な所に、

少しでもよいといわれる所へいく生活になりました。

子供と一緒に。またお隣にあずけて、

友達や子育て支援のグループの皆さんに

助けていただきながら、子どもは育っていきました。

その間、

体力だけは、なかなか元に戻らず、

どうしたらよいのだろう?と数年たった時に、

マクロビオティックに出会いました。

よくわからずにそのスイーツ教室にいきはじめ、

先生が大好きになり、

その先生がいるマクロビオティックスクールに通い始めることになったのです。

そこから、

今まで不調だった様々な

卵巣嚢腫、月経前緊張症、めまい、貧血、偏頭痛、生理痛など

手放していき、

動けずに食欲があった期間の体重が

ゆっくりですが、

リバウンドせずに、

健康な状態を保ちながら、元に戻っていきました。

以前よりも

細胞から変化した為、

体力、気力共に思いのほかアップしていったのです。

子供を授かった、約20年前よりも、

今の方がお陰様で

体力があります。

(もしかしたら、20代より

いろんな意味で健康です。)

マクロビと共に育った子供は、

自分の夢を叶える為に

毎日たのしそうで、

それが何よりです☆彡

普通に生きれるが普通でないことを経験してきたので、

今が1番楽しいですし、

健康がやはりベースと感じます。

わたしがその間、

体験してきた事と共に、

学んできた

陰陽のバランスの取り方を改めて伝えていきたいと思います。

不定愁訴自慢 しあいましょうか?笑^ ^

1歩1歩、笑顔に近づく言葉のサプリ

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です