最強のアメフト選手がお肉をやめた

今日は、身長198㎝、体重140㎏の、300㎏のウエイトでも運べる最強

アメリカンフットボール選手、デイビッドカーターが、昨年2月に肉、卵、乳製品など、動物性食品をいっさい摂らない ビーガンになった理由を

書いていきますね。^^

「アメリカンフットボールは 非常にハードなんです。

一日のトレーニングでは、時速200キロメートルの速度で走っている車の交通事故と同じくらい身体がダメージをうけるとよくいわれていますが、

ビーガンになる前は 腱炎、指を脱臼などの怪我し、神経の損傷のせいで、右腕もかんじられなくなりました。」と

インタビューで答えた。

「妻は5年もビーガンの生活をおくっていたのですが、ある日一緒にフォークス・オーバー・ナイブスという ドキュメンタリー映画をみて、

今まで大量に食べてきたお肉などは、実は健康を悪くしていて、このままじゃ病気で死ぬと悟りました。・・・

100%植物性の食べ物を食べるビーガンになってから、わずか2か月以内に、僕の怪我は完治しました。」

カーターさんは、毎日2回もトレーニングをやっているが、菜食のお陰でスタミナだけではなく、自然治癒力も高まったそうだ。

しかし、ビーガンになったのは自分の健康のためだけではなかった。カーターさんは以下のように語った。

「プロのアメリカンフットボールの選手は お肉を食べすぎるせいで、平均の寿命が56歳と非常に短命なのです が、菜食という選択だけで僕は自分の命を救ったと思う・・・いや、

自分の命だけじゃなくて、これから数えきれないほどの動物の命も救われます。」

カーターさんは健康上の理由だけでなく、道徳上の理由からもビーガンになると決意したそうだ。

動物が好きなカーターさんは 菜食で健康的な美味しい食べ物が沢山食べられるのに、お肉を食べて毎年何百匹もの動物を犠牲にするなんて 可哀そうすぎると思い、

動物が苦しまない世界を作るためにもビーガンになったそうだ。

そんな、望ましい世界を作るために、カーターさんはアニマルライツの活動家になって、アメリカの動物愛護団体とコラボして講座をおこなったり、

お肉を食べないと健康をそこなう事があるという誤った固定観念をなくすために、

「THE300 POUND VEGAN」というビーガンのブログ・レシピのサイトもはじめた。

「強くなりたいなら、本当に菜食を超えた方法はない。

そして、菜食主義は一番思いやりであふれている生き方でもあるから、どう考えても欠点がないと思う。」

ビーガンの良い点を簡単にまとめた カーターさんのメッセージ。皆さんはどう思いましたか?

感想、お待ちしています。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です