梅雨明けましたね^^ 夏日でも冷えるのはなぜ?

最近冷え性は女性だけでなく、男性や子どもまで 体温の低い傾向がみられます。

そして、暑い今日のような日には、ガンガンにエアコンがついている事が多いですよね?

これが皆さんの予想どうり、身体がとても冷える原因になっています。

電車の中と外。建物の中と外の落差が激しいので、体温調節もさぞかしフル回転ですね。

また、冷たいジュースや炭酸水。ビールやアイス、かき氷に冷やしそうめんも気になる季節!

気になるだけでなく、一気飲みしてませんか?^^

(私もたまにしてますけど)

この冷たい飲み物や食べ物は、当然 身体の内臓から冷えてしまう原因になってます。

人の内臓の温度は、約37度に保たれているから、冷えた内臓を温めるのが最優先となります。

ここで、代謝や血行のわるい人は、手足などの先まで熱が運ばれずに、冷えてしまうわけです。

ストレスも冷える原因とされています。

体温調節は主に、自律神経とホルモンがコントロール担当。

精神的なストレスとともに、暑い外と冷えた室内を何度も行き来する、

急激な温度変化もおおきなストレスになってます。

そして、体温調節がうまく働かずに、冷えにつながってしまう事に。

なので、こまめにウオーキングなどの運動をして、いろんなストレス発散しませんか?

すると、必要な筋肉もついて、熱の生産量が増えて、冷えにくくなっていきます。

夏の夕暮れ時の、そぞろ歩き。

涼しい風にふかれて、暑さを忘れるひと時もいいですね。

粋な感じがした人?どのあたりを歩いてみたいか、お返事ください。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です