メタボの方必見!小食にしてよく噛む という フレッチャーイズムの進化論

アメリカに、大富豪の商人でH・フレッチャーという人がいました。

暴飲暴食を重ねたので、40歳くらいには肥満になり、

いつも疲労感、脱力感がぬけない状態でした。

仕事への意欲はうせて、風邪をひきやすい。お腹の調子もつねに悪く

生命保険の加入を断られる という生活だったそうです。

あらゆる健康法をこころみても効果なく、生きる意欲までなくなってきた時、

フレッチャーは、ある食養家の「たべものは、よくかむ事が1番だ!」という言葉にであいました。

それからというもの、彼は空腹になってから食べる。徹底的にかんでたべる事をはじめ、5か月をすぎた頃には体重が20㎏へり、さまざまな症状もなくなっていきました。

すっかり、健康をとりもどした頃には、好きなものが肉食から菜食へ変化していたそうです。 ここ、興味深いですね。^^

このエピソードから、「小食にしてよくかむ」という フレッチャーイズムの言葉がうまれたそうです。

かんだ時にでる唾液には、体の老化を防いだり、ホルモンの分泌が活発になる成分がふくまれています。

アンチエイジングで、様々な化粧品をためしてみるのも、楽しいですが、

毎日、よく噛むだけで、美容成分を自分から生み出している事になりますよね?

それも、自分にとても合っているカスタマイズされた美容液!^^

知っているのと知らないのでは・・・何年か先、ぐっと差がでてくることが予想されます。

あなたは、丸のみしますか?しませんか?^^

腸美的すると、脳も活性化されて、一石二鳥!!!

面白いことに、健康な人でもストレスが重なるとだ液の量がへるそうです。

すると、デトックス効果もおちます。

なので、最近疲れていると思ったら、すぐ実行できる、「噛む」という行動。

ご自分が、さらに美しく変化したイメージで、はじめだけでもよく噛んでみては?いかがでしょうか^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です